男の子に話さないこと

実際の顔見知りには話さないようなことを。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2008.10.11 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2008.08.30 Saturday

この2年 3

せっかく頂いたカッコイイ肩書きのお仕事を辞めたのは
今年の4月。

3月で辞める予定が引き継ぎが上手くいかず
1ヶ月伸びちゃいましたが、
上司の方が気を遣ってくれて
最後の月はお給料が倍額でした(笑)

ところが面白いのは辞めた後。


5月以降は現在に至るまで無職の状態なので、
嫁入り資金にと貯めていた貯金を切り崩し・・・・・

のハズなのですが、
実は前年よりも収入が上がっています。

これが、この業界の面白いところ。


続きを読む前に 人気blogランキングへ

JUGEMテーマ:日記・一般



続きを読む >>
2008.08.12 Tuesday

この2年 2

転職のお誘い自体は
その前の年(2006年)の秋頃から頂いていました。

ちょうどブログの更新を停止した頃ですね。

でも、当初は本気で誘われてるとは考えていませんでした。


業界がまったく違う。

私が担当で取引のある会社でしたが、
取引はあっても業種はまったく違います。

放送業界ですから。

このブログの過去の記事を読めば、
その会社も、私を誘ってくれた男性も登場しています。

とにかく、常識がまったく違う業界。
会社の中で平気でセクハラしちゃう男性です(笑)


その会社の前からモノレールみたいな電車に乗って終点の駅。
の近くにあるホテル内のお寿司屋さんに誘われ、
正式に(かっこよく言えば)ヘッドハンティングされたのは
年が明けた、2007年の1月でした。


続きを読む前に 人気blogランキングへ


JUGEMテーマ:日記・一般



続きを読む >>
2008.08.10 Sunday

この2年 1

この2年間、いろんなことがありました。

前回の日記に「3年」て書いちゃいましたけど、
自分の中では、それくらいたくさんのことが。


まず、会社を辞めました。
2007年3月のことです。

と言っても、入社以来ほとんど休みを取っていなかったので
実際は2月中旬に辞めたも同然です。

何故辞めたのか・・・


世の中が「ミニバブル」と呼ばれていた頃ですね。
景気が回復していく中で、ウチの会社は業績悪化。

ウチの会社が伸びていたのは、
世間の景気が悪かったからなんです。

まあ、守秘義務があるので
当時の会社のことは詳しく書けませんが。


自社の業績が悪化したタイミングで
もっと魅力的な会社からお誘いを頂いたので
その流れに乗った。


体裁良く表現するなら
そういうことになります。



続きを読む前に 人気blogランキングへ



続きを読む >>
2008.07.21 Monday

お久しぶりです

ども。
ちょっと間隔が空きましたね。

そろそろ再開します。

この3年間で私の人生が大きく変わりました。
また新しい夢に向かって走り出します。

再開するまではコチラのblogでも読んでいてください。

http://ayabie716.jugem.jp/

私とどんな関係があるかは今度ご説明します。
この主婦、私の友達ですが、只者ではありませんよ(笑

もちろん、こっちもヨロシク!
人気blogランキングへ




2006.10.09 Monday

遊んでました

遅い夏休みをとっていました。

土日も含めると9日間。
こんなに長い休みが取れたのは初めてだったので舞い上がっちゃいました。

二人でドライブ。
お互いにいつ会社から呼び出しが掛からないとも限らないので
国内をドライブ。

私だけでも3000キロは運転したはずです。
たっぷり楽しめました。

ただいま帰宅。
明日から大忙しです。


人気blogランキングへ

PS:
出発前にご報告できなかったので、
何回も訪れてくださった皆様、申し訳ありませんでした。

2006.09.06 Wednesday

まだ生きてます(笑)

すっかり寡作になってしまいました。

何度も訪れてくださっている皆さん、ごめんなさい。

結局、パソコンは買い換えました。

そして今日、新規の契約を成立させてきました。

新規は久しぶりなので、ホッと一安心しています。

もう忘れられていると思いますが、
週末はたっぷり休めそうなので前回の続きを
近況報告も兼ねて書いてみますね。

それでは、今日はクタクタなのでお休みなさい。


人気blogランキングへ



 TOPページへ

2006.08.01 Tuesday

策略

前回の「大人のケンカ」に続いて、
きょうは「策略」について考えてみましょう。



いきなり、「合コンで仕入れたネタ」で恐縮ですが・・・・・


数年前、とある情報番組でチーフディレクターをしていた
男性の話しです。



彼は常日頃から、
出演者を送迎する配車係への「接待」、
5月に発表され、閲覧可能となる高額納税者資料のコピー、
芸能プロやレコード会社を退社・転職した人たちとの交際、
などによって有名人の自宅住所をこまめにチェックしていました。

これらの資料を交遊のある週刊誌記者に渡し、
そのかわりスクープ情報を得られたら一足早く教えてもらう、
というのが彼のやり方でした。



余談ですが、
これに対する対策として、毎年5月前に引っ越しをする芸能人が
大勢います。

さらに、それに対する対策として、
「都心部の引っ越し業者でバイトをする友達」を持つADさんは
とても重宝されます。

引っ越し作業にタレント本人が立ち会うことはないので相手は
無防備ですが、調べる方は元の住所を知っているので、
「どこに移動したか」だけ解ればいいわけです。

さらにその先を言えば、引っ越し作業を個人レベルで行える
「家具付きマンション」に住むタレントが増えているのは、
こういった事情があるからです。



では、本題はここからです。



続きを読む前に 人気blogランキングへ




続きを読む >>
2006.07.29 Saturday

ネタ枯れの寂しい私生活が続いています


人は誰でも、
ミステリー小説を読むときは、
一番怪しくない人物を真っ先に疑うものです。

しかし現実に起きているニュースを見るときは、
善玉が善人であることを、悪役が悪人であることを、
疑う人はいません。














やっと落ち着きました。


先週末から1ヶ月ほど暇になる予定だったんですが、
訳の分からない理由で、急に忙しくなっちゃいました。


ウチの会社はもちろん、取引先の会社とさえ、
直接には関係の無い人が、酒の勢いで起こした悪ふざけ。

悪ふざけは、
感情のもつれから「悪ふざけ」では済まされなくなり、
当人が職を失うほどの大問題となります。

そして、家族や勤務先はもちろんのこと、
取引先、さらにそのまた取引先へと影響を及ぼします。


ウチに仕事を発注してくれる人が携わっていた事業の関係者が
抱えていた別のプロジェクトに少しだけ参加した別会社の人が
さらに違う仕事の出張先で起こしたトラブル。

正確に書くと、そういうことになってしまう。

そういうトラブルがあることは知っていたが、
全くの他人事だと思っていた。

それが回り回って私の睡眠時間を奪うのだから、世の中は狭い。


社会人である以上、トラブルを起こしてしまえば
「自分ひとりの責任」では済まされません。

多くの人に影響を与えます。

トラブルで破滅する人。
トラブルを上手く揉み消した人。
漁夫の利を狙ったものの、儲け損ねた人。
トラブルを利用して、まんまと自己の評価を上げた人。

私のように、何の関係もないのに、
誰も知らない末端で貧乏くじを引かされた人は、
ただ笑って眺めるしかない人生の悲喜交々。

それじゃあ口惜しいので、せめてblogで憂さ・・・・・


いえ、間違えました。

実際に起こったこととは、なーーーんの関係もない作り話。


前回の補足も兼ねて、
「大人のケンカ」について考えましょう。


続きを読む前に 人気blogランキングへ




続きを読む >>
2006.07.21 Friday

多数のご意見アリガト


前回の記事に対して、
とても真摯で長文のコメントをたくさん頂きました。

いつもの事ながら感激しています。

コメント欄のお返事だけでは失礼だろうというくらい、
ステキな意見が多かったです。

当blogの読者さんは、
間違いなく女性にモテる人の集まりですね。

読んでいて熱くなりましたから(笑) ドコガダヨ

あっ、女性の方もステキなコメントくれました。 アリガト


ご賛同くださった方には心より感謝を。

知的な反論を展開してくださった方には尊敬を。


それでは、行きましょう。

ご意見に対する回答です。



続きを読む前に 人気blogランキングへ



続きを読む >>
2006.07.17 Monday

今日はサッカーのお話し


最近のニュースで知ったんですが、
ジダンのお母さんって、マリカさんて名前なんですね。

急に親近感が湧いてきました(笑)


「頭突き」に対して
今更わたしの意見を言っても仕方がないんですが、
個人的には、「チームを勝利に導くプレー」をした選手は、
プレーの内容がどうであれヒーローだと思っています。

たとえ「人として許されないこと」を口走っていたとしてもね。

逆に、衆人環視の中で暴力を振るう行為と、
「動機」や「経緯」を理由に暴力を正当化しようとする風潮は、
断じて許されてはいけない事だと考えます。

侮辱されたから暴力を振るっても良いと言うのなら、
昔の恨みがあるからミサイルを撃ち込んでも良いと言ってるのと
同じように聞こえてしまいます。

判定が不服だから審判に暴力を振るう。
ムシャクシャしてたから居合わせたカメラマンを殴る。
子どもが邪魔だから川に突き落とす。

全てに共通するのは、あまりにも自己中心的で、
自分が社会の一員であることを忘れてしまっていることです。

許される事かどうか、
議論する値打ちも無いと思うのですが、どうでしょうか?

少なくとも私はそういう教育を受けて育ってきたし、
それが間違っているとは思えません。


選手がみんな興奮状態で、
レッドカードが何枚も出るようなゲームは、
観戦してる方にとってはエキサイティングで面白い。

でも、スポーツの中で行われる「危険なプレー」に興奮出来るのは、
ゲームの終了と共に興奮状態から冷めるのが分かっているからです。

思いっきり叫んで、その後に爽快感が残るのが
スポーツ観戦の醍醐味です。

暴力はそれを台無しにし、後味の悪さを残します。


私はかつて、Jリーグの大ファンでした。

今でもアントラーズを応援しています。

でも、その思いは少しずつ冷めてきています。



3連休を前に大きな仕事がひとつ片づいたので、
今日は久しぶりに、ジックリとblogの更新。

テーマは、
「Jリーグに興味が無くなった下らない理由」です。



続きを読む前に 人気blogランキングへ



続きを読む >>

▲top