男の子に話さないこと

実際の顔見知りには話さないようなことを。

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2008.10.11 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2006.05.20 Saturday

インフォメーション

今夜は六本木の焼き肉屋さんでチームの飲み会。

部下の子が、単価は安いものの今後二年以上は継続される契約を
まとめてきたため、そのお祝いとなりました。

9時過ぎにはお店を出たんですが、外は大雨。

何となく帰るのが面倒くさくなって、
全員で、すぐ近くのBARへ。

激しく酔っぱらって、たった今、帰宅しました。


かなり意識朦朧としています(笑)

誤字脱字があったらゴメンなさい。


思うに、チームの中に女性が多いと、
男性の態度もずいぶん変わりますよね。

今のチームは半分が女性です。

そのせいか、お酒の飲み方もスマートですね。

アルコールに弱い私としては、かなり助かっています。


昨年まで私が負かされていたチームは男が7人。

女性はチーフの私と新人の子がひとりだけ。

男性陣が暴れ出すと私には止められないので、
飲み屋の中が無法地帯と化してしまいます。

部下の男の子が、突然、上司の私を怒鳴りつける、
なんてのは当たり前で、ドサクサ紛れに胸を揉まれたり
スカートに手を入れられるのだって日常茶飯事でしたから。

他人が見たら、
この集団で一番偉いのが私だとは夢にも思わないはずです。


それの比べて、男女5人ずつという編成の現チームは、
いくらお酒を飲んでも男性が乱れない。

むしろ女性の方が、店員さんを怒鳴りつけたり、
ストリップを始めたりで素行が悪い。

男性陣がそれを上手く納めてるという感じ。

上司の威厳が全くない私がチーフで、
本当にみんなには迷惑を掛けっぱなしです。


今夜も部下の子に玄関まで送ってもらいました。

「コーヒーでも飲んでく?」

気を遣ってあげたのに。

「いやあ。ボク、彼女いますから」

「はあ? ・・・・・・・・・べつに、そんなつもりじゃあ・・・」

「タクシーも待ってもらってますから。じゃあ、これで」

あっさり振られました(笑)


そんなわけで今夜は、
前回の続きとなる先週日曜日のデートのことを
書く余裕がありません。

アダルトな表現を含む前回の記事を、
いつまでもトップ画面にしておきたくないので、
先に書いておいた「お知らせ」だけアップしておきます。


ところで普通の会社って、
週末の飲み会とか、どんな雰囲気なんだろう?



続きを読む前に 人気blogランキングへ


続きを読む >>
2006.04.28 Friday

今日は大まじめな私

昼間の顔と夜の顔。

お仕事モードの時とエッチモードの時。

自分でも二重人格者ではないかと思うくらい、私は変わってしまいます。

二つの人格を両立させ、バランスを取って生きて行くには、
大勢のSの男性の力が必要でした。

毎晩のように遊び歩くのはキツクなってきた今日この頃。

blogとの出会いが、今の私を支えてくれています。


もしblogを始めなければ、私は心身のバランスを失い、
他人を妬んだり、感情を抑えられない人間になっていたかもしれません。

そうなれば、当然、仕事も上手くいかなかったでしょう。

仕事が上手くいかなければ、経済的にも苦しくなり、
さらに心の余裕を失うという悪循環に陥っていったかもしれません。

だから、精神を病んでしまった人の気持ちは、
ほんの少しだけ、わかるような気がします。

わかったような気になっているだけで、
本当は勘違いしているだけかもしれないんですけどね(笑)





小学生のころ私のクラスに、
明らかに身体が一回り小さい男の子がいました。

休み時間になると男の子達の間でプロレスごっこが始まります。

技を掛けられるのは、いつも身体の小さい男の子。

男の子達が順番にパイルドライバーとかラリアットとか叫んで
技を掛けながら楽しんでいます。

私を含めた女の子達も、それを見て笑っています。

客観的に見れば、コレは誰が見てもいじめです。

でも、小学生の私たちに、いじめという認識はありませんでした。

だってその男の子は、
技を掛けられながらもヘラヘラと愛想笑いをしていたからです。


私は中学・高校と女子校に進んだので、彼とはお別れ。


高校生の時、学校帰りの電車の中で彼と再会します。

声を掛けられても、最初は誰だかわかりませんでした。

スポーツバッグを抱えた坊主頭ののっぽ君。

野球部に入ったという彼は、
いつの間にか私より背が高くなっていました。

顔つきまで精悍な感じになっています。

いじめられっ子だった彼と、それを笑っていた自分を思い出し、
恐怖感のような感情さえ持ちました。

でも彼は、楽しそうに小学生の時の思い出話しをしてきます。

小学生の時の卑屈な愛想笑いとは全く違う、
女性をいたわる優しい笑顔が、強烈に印象に残りました。


みんなの就職先もほぼ決まった大学4年の冬。

初めて小学校の同窓会が、出身地の静岡で行われました。


彼は高卒で、定職には就いていませんでした。

野球部を持つ地元企業に就職したのに、
その会社で野球部の閉鎖やリストラが行われ、
閑職のような部署に回されたのをきっかけに辞職したそうです。

彼は・・・・・結婚していました。子どももいるそうです。

高校生の時の輝いた笑顔を思えば、
ステキな女性と結ばれていたとしても何も不思議ではないのですが。


噂ですが、人が変わったように荒れた生活をしていると聞きました。

愛人の女性がいて、その人のヒモのような生活をしながら、
自宅にはほとんど帰っていないようでした。

ハイペースでお酒を飲みながら、東京の大学に進学した男の子に
絡んでいます。

「お前さあ、覚えてる? 俺、お前に殴られたことあるんだよね」

当時の流行だったキムタクそっくりのヘアスタイルをした
かつてのいじめっ子は、「ゴメン、ゴメン」と言いながら
笑ってごまかしています。


地元にも大きな企業はいくつもありますが、
東京に出た仲間とは見えない壁のようなものを感じるのか、
2次会になると自然と二つのグループに別れてしまいます。

東京に進学した者と、地元に残った者。

彼はいつの間にか、
私とは別のグループで、会話の中心となっていました。

歳は同じでも、先に就職や結婚を経験した人生の先輩として、
同級生を相手に、高いところから見下すような話し方をしています。


周囲の同級生達はある意味大人で、
彼に話しをさせながら適当に聞き流していましたが、
時間が経つとともに、みんな彼を避けるような態度になります。

自分が相手にされていないことを悟ると、
彼はますますテンションを上げていきます。

攻撃的な言動と、相手を挑発するような笑い方は、
小学生の時とも高校生の時とも、全く違う姿でした。




私が言いたいのは、人はその時々で、
置かれた環境や立場によって、どうにでも変わってしまうと言うことです。


長い前置きになってしまいましたが、きょうの本題はここからです。



続きを読む前に 人気blogランキングへ





続きを読む >>
2006.04.23 Sunday

解析結果

前回発表したアンケート結果の集計のため、
ひと晩徹夜でアクセス解析をしてみました。


わたし自信も気付かなかった、
このblogの正体が見えてきます。







私が「ネットの世界の住人」に興味を持ったのは、
もう4年以上も前のことです。



最初は当時の最大手だったコミュニケーションサイト。

企画書を書くための情報を検索しているうちに見つけました。

入会のきっかけは、登録すると高額商品が当たるから(笑)


まだお給料も安くて、
懸賞サイトに応募するのがマイブームだったんですね。

週に一度、その週のニュースに対する意見を書き続けました。


ビジネス文書以外の文章を書いた経験はほとんど無かったんですが、
職業柄いろんな業界に知り合いがいて、
それぞれの裏事情なんかも聞いていたので、書く内容には困りませんでした。


このコミュニケーションサイトが大幅な仕様変更に至ったのをきっかけに、
複数のblogサービスに登録します。

複数にした理由は、
どこのサービスが充実しているのかも分からないし、
自分が何を書きたいのかさえ、わからなかった。

書きたいことがあるのではなくて、ただ、職場では得られない
「利害関係の無い人間関係」に飢えていたんですね。



しかし、私は出張なども多い仕事ですので、
週に一回くらいしか更新していけません。

結果的に、どれも中途半端になってしまいます。


アクセス数も、全く上がりません。

SEO対策も含めて、本を読んで勉強しましたが、
書いてある通りにやっても上手くいかない。


ある日、取引先の社長さんに言われます。

テレビや本から得られる情報には、事実はあっても真実は無い。
本質は、なぜその情報が公開されたかを考えれば見えてくる。


目が覚めました。

blogのノウハウ本に「やっても無駄」と書かれていることを、
片っ端からやってみました。

見つけました。

自分のblog を、多くの人に知ってもらう方法。


しかし、これは手間が掛かるし、
なによりも書いていて楽しくない。

SEO対策を意識すると、余計なことを考えながら書くので、
勢いで一気に書いていけないんですね。

私は文才が無いので、そんなことを考えていると、
自分で読み返してもつまらない内容になってしまいます。

アクセスや人気ランキングは、確実に上がるんですがね(笑)


さらに、今度は内容が追いついていかない。

ピンポイントの情報に絞った方が読みやすいと思うんですが、
情報収集から始めていく余裕はありませんでしたから。

短い時間の中で更新し続けて行くには、
結局、自分が最初から知っていることや、
自分自身のことを書いていくしかないんです。



そんな紆余曲折を経て、このblogを始めました。

理想的な形ではありませんが、様々な制約の中で、
今の私にとってはベストに近いスタイルです。


わかる人にはわかると思いますが、
アクセスを上げるためのSEO対策は一切やっていません。

にもかかわらず、
最初の一ヶ月からこれだけたくさんの人に読んでいただけたことに、
本当に感激しています。

これからも応援していただければ、幸せです。



興味のある方は「最初の一ヶ月」の解析結果をお読みください。

私が皆さんと一緒に作り上げた結果です。



続きを読む前に 人気blogランキングへ



【JTB】旅館・ホテル予約


続きを読む >>
2006.04.19 Wednesday

テンプレートを変更しました。

前回の記事でお伝えした通り、
テンプレートを変更してみました。


これまでのテンプレートでは、
モニタ解像度とブラウザの組み合わせにより
画面が見づらくなることがあるというご指摘を受けてのものです。


これまでの雰囲気を大きく壊すことなく、
同様のトラブルが起こらないであろうデザインを選択したつもりです。

しかし、
新たな問題が発生していないか、
これまでのイメージを損ねていないかは、
今のところ判断出来かねています。


そこで、お手数ですが皆さまにお願いがあります。

アンケートを採らせてください。


新デザインが気に入らない方は、
「続きを読む」をクリックせずに一旦ご退席ください。
(スグに帰ってきてね)


このデザインで良いと思う方は、
人気blogランキングへをクリックしてください。
(もちろん、スグに帰ってきてね)


どうでも良いという方は、
どこも経由せず、まっすぐ「続きを読む」にお進みください。


次回の更新時に集計して、
このデザインで行くかどうかを判断します。


なお、読みづらいなどの不具合を感じた方は、
お手数ですがコメントして頂けると助かります。
(私の文章が読みづらいとかは関係ないですよ・笑)


よろしくお願いします。


人気blogランキングへ



続きを読む >>
2006.03.21 Tuesday

疲れると、遊びたくなる

睡眠不足です。

仕事が忙しい時ほど遊びに行きたくなる。

疲が出ると、やらなきゃいけないことを思い出す。

やらなきゃいけないことがあると、
急に、やりたいことが増えてくる。

私のいる業界は、年末と年度末の忙しさはハンパじゃないんですが、
そんな時にかぎって、やりたいことが増えてきます。

実際、新しいblogを始めたりしてるわけですし。



昨夜はチョットだけ刺激的な夜で、
精神的にリフレッシュできました。

でも、その代償として、体力の限界に来ています。

遊んだ後に疲れを感じるなんて・・・・・

歳を取ったなと感じる瞬間です。


そして、もう一つ。

せっかくの気持ちイイ朝に、超ムカツク出来事もありました。


続きを読む前に  人気blogランキングへ


1万点以上のCDが試聴可能。セブンイレブン受取手数料0円。

続きを読む >>
2006.03.12 Sunday

初日記

仕事が忙しい時ほど余計なことに神経が行ってしまいます。

年度末でまとめなければいけない書類がいっぱいあって
ワープロに向かっていたら、何故だか急にblogを作りたくなりました。

blogの開設は初めてではないので、気軽に登録しちゃいました。

それともう一つ。
オープンチャットにも初挑戦してみました。

続きを読む前に 人気blogランキングへ

続きを読む >>

▲top