男の子に話さないこと

実際の顔見知りには話さないようなことを。

<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

<< 被虐の部屋へ | TOP | インフォメーション >>

2008.10.11 Saturday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | -
2006.05.18 Thursday

被虐の部屋で

ブラウスの中で、ホックの外れたブラが乳首を刺激する。

お湯が沸いた。

コーヒーメーカーくらい置いてあるのかと思ったら、
ドリップタイプのパック売りしているやつしか無いじゃないか。

よく見れば、リビングは寝室と大違い。

学生のアパートみたいな安物の食器とカーペット。

テレビだってまだ4対3のやつだ。

まあ、男の一人暮らしなんてこんなものなのかな。


彼は、チェーン展開しているドラッグストアの入社三年目くらい。

お給料だって、高いわけはない。

招き入れた女の子に夢を見させるために、
寝室に私財の大半を投入している。

そう考えれば、少しは可愛く思えてくる。

だって、どう見ても
リビングにある全ての家具を足したよりも、
ベッドと毛布、それに寝室の照明器具の方が高そうだ。


スーツだけは大事そうにシートが掛けられている。

男性にしては数も多い方だろう。

高価なブランドではないけど、
同系色の色で、微妙に異なる模様を揃えている。

私もお給料の安かったころは、
スーツ代だけでカードの限度額を使い切った。

ソースのシミが落ちなくて悔し涙が出てきたこともある。

きっと彼は今、そういう時期なんだ。

そう思ったら、親近感が湧いてきた。


マグカップにコーヒーを入れて、寝室のドアを開ける。

これから何をされるか分かっているはずなのに、
とても落ち着いた気分になっていた。




ごめんなさい。
今回だけ、ここから先は18禁とさせて頂きます。
don't come in ! under eighteen years old.


それでも読む人は 人気blogランキングへ





初めてご来訪の方へ


ご訪問ありがとうございます。

恐縮ですが、
先に4月17日の日記前回の日記を読んでから、
後半にお進みください。

今日がステキな出会いの日になれば嬉しいです。






いつもご来訪の皆さまへ


更新が遅くなり、申し訳ありませんでした。

正直、いつものように「二時間ほどで一気に書く」
というわけにはいかず、
思い出しながら少しづつ書いて、
書いている途中で普段とは違う疲れを感じて、
と繰り返しているうちに三日経ってしまいました。

分割して、中途半端に更新したくなかったので、
結果的に時間が掛かってしまいました。

やはり、慣れないことはするモンじゃないですね(笑)























すでにスーツの上着は取られている。




「タバコもよこせよ」

マグカップを枕元に置くと、すぐに次の指示。

なんなのよ、この態度は。
生意気な。


「火ぐらい点けろよ。ガキじゃないんだから」

「ごめんね、気が利かなくて」

わざと怒らせようとしてる?

相手にしないで、サラリと受け流す。


「さっさと脱げよ」

「はあ?」

「男の部屋に来たら素っ裸になるもんだろうが」

「・・・・・そうなの? まだ、そんな気分じゃないんだけど」

怒ったように、彼は毛布を払ってベッドから降りてくる。

彼のために火を点けたばかりのタバコを持ったまま身構える。

目の前に全裸の男。

眩しい。

足がすくむ。


「しょうがねえなあ。言うこと聞くようにしてやるよ」

私からタバコを奪い取ると、
彼は私の身体をベッドに押し倒す。

「ちょっと、なにすんのよ」

言葉では抵抗出来ても、身体が動かない。

タバコをくわえた彼に、
両方の足首を掴まれ、大きく広げられてしまいます。

恥ずかしさよりも、
タバコの灰が身体に落ちてくるんじゃないかと、恐怖が先に立つ。


「ふーん・・・・・」

両方の足首を掴んだまま、
彼の顔が身体の中心に近づいてくる。

タバコが気になる。

「やめてよ。一回シタくらいで、そういう態度」

敏感な部分がタバコの熱を察知する。

本当に火を押しつけられるんじゃないかと、
恐怖で身体が動かなくなる。

ジッとする。

今度は、
目の前でソコを見つめられている恥ずかしさが込み上げてくる。


ようやく足首が解放され、
彼は灰皿でタバコの火を消す。

ホッとしかけた時、
スカートの奥から腰まで伸びてきた手が
強引にストッキングを脱がしにかかる。




膝まで降ろされ、右側だけを最後まで抜き取ると、
彼は私の上に覆い被さる。


かすかに、昨夜の記憶が蘇ってくる。

確かこうやって、上に乗られて自由を奪われてから
抱かれたような気がする。


今度は両腕を頭の上に回されて、
組まされた手首を彼は片手で押さえつける。

抵抗しても無駄だし、抵抗する気も無い。

左手で私の両手を押さえながら、
彼の右手はブラウスのボタンを外していく。




助かった。

力任せに引きちぎったりはしないのね。

拒絶しようとしている私に、
ワクワクして喜んでいる私が話しかける。

眼はキツク彼を睨みつけたまま。

彼の見えないところで、
両脚が力を抜き、だらしなく開いていく。

すでにホックの外れているブラが、
彼の指先でバストの下に降ろされる。



バストが、彼の眼前に晒される。

また私の中で、二つの脳が別々のことを考えている。


少しは抵抗しないとダメ。

何か言わないと、受け入れていると思われちゃう。

「イヤ」とか「ダメ」とか・・・・・

せめて怯えた表情だけでも見せないと。


もう一つの脳は、全く違うことを考えている。

こんなに間近で見られるのなら、
うつ伏せのほうが良かった。

胸が小さいのがバレバレじゃん。

唇も少し乾いてきた。

コーヒーを入れる時に、リップも塗り直しておけばよかった。


タイトミニのファスナーも降ろされる。

彼は、スカートを下には降ろさず、
ウエストまでまくり上げてくる。



ショーツの上から、ソノ部分のくぼみを指でなぞられる。

最初は、触れるか触れないかくらいにそっと。

全身に電流が流れる。

「はあっ・・・・・」

我慢していた声が漏れる。


次は、力を込めてなぞってくる。

中指で、ショーツの生地を
割れ目の中に押し込もうとするかのように。

少し安心する。

「あああっ・・・・・」

今度は、演技で声を出す。

男性は、時々カン違いをする。

力を入れてくれた方が、自分をコントロール出来る、
ソフトな快感になる。


ショーツもストッキングと同じように、
膝の上まで降ろされてから、右脚だけを抜き取られる。

スーツの上着以外は全て身に着けたままで、
男の目から見れば、全裸なのと同じ状態にされた。

勝ち誇ったように余裕を見せながら、
彼は私の全身を眺める。

怯えた表情を見せている私も、
内心はすっかり余裕を取り戻していた。

そんなにジロジロ見ないでよ。

20代前半の子と比べられて、品評されるのはゴメンだ。

押さえられている両手を暴れさせる。

彼の握力が強くなり、視線が頭上に上がる。

私は右手の薬指をピンと伸ばす。



大人の女なのよ。

それを分かってね。


火鉢のように熱いモノが、身体に当たる。

全神経がその一カ所に集中する。

「やめてよ!」

思いっきり睨みつける。

遠くで、私の声が聞こえる。

本気にしないでね。
思いっきり、突き上げていいのよ。


内蔵が膨張するような感覚を連れて、
彼がゆっくりと入ってくる。

状態が反り返り、呼吸が止まる。


また、声が聞こえてくる。

チョット待ってよ、避妊してないでしょ。


その声は、別の声にかき消される。

思いっきり脚を開いて、身体の柔らかさを彼に見せなきゃ。

私が体操選手だったことを知らない彼に、教えてあげるの。

いろんな楽しみ方が出来るのよ。

わたし・・・・・二十歳の子にだって、負けないから。


両脚を180度に広げて、彼を受け入れる。



「やだ・・・・・許して、おねがい」

意志とは何の関係もなく、
拒絶の言葉を吐きながら腰を振る。

頭の上の回された両手が、
いつの間にか自由になっていることに気が付いた。

それでも、自分の意志で、
両手を組んだまま彼に身を任せる。



ピストン運動を続けながら、
ブラウスを脱がされ、ブラを抜き取られる。

枕の下からコードのような物が出てくる。



クリップが、乳首を挟み込む。

何をされているかは分かっているのに、
それが何を意味するのかまでは思考が回らない。

何も考えずに、快感に身を任せていたい。

「イヤ・・・・・イヤ・・・・・」

いつまでも拒絶の言葉を口にしているのが、
自分で滑稽に思えてくる。

「やめようか?」

「・・・・・・・・・えっ?・・・・・」

「イヤなら抜いちゃおうか?」

「やだ、イヤ!」

「だったら素直にお願いしろよ」

「抜かないで。抜かないでください」

一瞬で、心の余裕が消えていく。

理性が吹っ飛ぶ。

遠い宇宙の彼方に、
男の身体にしがみついて大声を上げている女が見える。

記憶が、飛んでいく・・・・・・



断片的な記憶。


身体の動きに合わせてコードが揺れる。

ヒリヒリとする痛み。

コードを指で弾かれる。

電気ショックで、全身の痙攣が止まらない。



男の声が聞こえる。

「もっと乱暴に、淫乱女の穴の中を掻き回してください」

続いて、女の声が聞こえる。

「もっと乱暴に、淫乱女の穴の中を掻き回してください」

これが私の声?

こんなにか弱くて、震えている声が。



本能が、キケンを知らせる。

ピルを飲み始めてから、感じたことの無かった危険信号。

「お願い。顔に掛けて」

声を絞り出して、彼にお願いする。



幻想的な光が、部屋を照らしている。

その光は、私の身体から発せられている。

自分の身体が、自分でなくなっていくような快感。

タバコをくわえた彼が、冷たい目で私を見下ろしている。

彼はもう、私から離れている。

頬に感じる生暖かさと、
口の中のネバネバした苦みが、それを証明している。

いま、私に快感を与えているのは、
私の中から光を発している物。

幻想的に発光する真っ白なバイブが、私の中で暴れている。
(このblogでは画面表示出来ません)



乳首が痛い。

破裂しそうに、膨張している。

もう許して。

素直になるから。

二度と口答えしないから。


これは声?

彼に聞こえているの?

もう何も分からない。

何も分からない。



やっぱり来るんじゃなかった。

屈服した口惜しさが、心の中で叫び声を上げている。


明日も、ここに呼ばれたい。

屈服させられた喜びが、全身を熱くする。



彼のTシャツを着て、私はコーヒーを入れている。

ここだけは、ハッキリと記憶がある。


しまった。 

リップを忘れた。

舌をぐるりと回して、唇を濡らす。

飲まされた後だから、
キスしてくれないのは分かっているけど。

コーヒーを注いで、
濡れた唇で部屋に戻った。




アナタの指で、ココを刺激して
人気blogランキングへ




ラブデート


ラブコスメ&ラブグッズ体験談



 TOPページへ
2008.10.11 Saturday

スポンサーサイト


06:13 | - | - | -

コメント

はぁ…
読んでいて、凄くドキドキしますね
最近の自分は、男女の駆け引きってないなぁなんて振り返ってしまったり(笑)
興味を引く内容である事は勿論ですが、表現が巧みで
だから、沢山の方達が訪れるんでしょうね(^-^)
2006/05/18 10:33 AM by ふみゃ
まりかさんこんにちわ。
久しぶりにこういうの読ませてもらいました。
男性が書いたストレートな表現と違って、女性目線の卑猥さを堪能しましたよ。
犯される時の心情がリアルすぎて・・・アンッ 今夜はダンナに抱きついちゃうかも(笑)

コメントは久しぶりですが、いつも読ませて頂いてます。
これからも、わたしとは逆の道を選んだ女の生き様、覗かせてもらいます。
2006/05/18 1:54 PM by ちゃきじ
まりか おはよ(笑)

GW中仕事だった代休で今日はごろごろしています。
昼真っからまりかのお部屋で(笑)

前回の続き、朝までかかって書き上げたのかな。
思わず下半身が硬くなったよ(爆)

Sはいわばステージの上のミュージシャンと同じで、
頭の中の一箇所は冷静な部分を残しておかないとできない。とどめを刺す時の深さはとても難しいから、自分に酔ってると失敗する(苦笑)

Mは自分を目茶目茶に壊して欲しくて犯され、落ちて行くけれど、ちゃんと本能で信頼できる相手を嗅ぎ分ける。
本当の優しさを見抜いてるよね。

この彼とこの先どうなるのかな。。。
2度目のベッドでまりかをココまで導けるとは
ちょっと嫉妬だなぁw

また夜に遊びに来るね。


あと、13日のコメントに返事書きました。
15日のコメントには夜、また返事書きますね。

「紹介文」送ったよ。スパムにまぎれてないよね(笑)
いや、難しいわ。

いいの思いついたらまた送るよ!
2006/05/18 2:34 PM by jun
はじめまして、ぴろです。内容がすごくリアルで楽しく読ませてもらいました。なんかすごくレイプに近い内容ですが、女性の目線からみても、レイプってものは興味が引かれるものなんでしょうか?
2006/05/18 7:30 PM by ぴろ
マリカ こんばんわ
なかなか更新しないから、どうしたのかと思ったよ。
この頃名前が出ない3兄弟に虐められてるのかと。
そーだね、SMは主従関係でもある程度お互いが信頼できないとできないよね。
前から書いてるけど、ボスがもっとドMのマリカに調教してあげようか?
文字が小さくなって右の部分に被らなくてすっきりだね。
またまた紹介文書いたよ。
紹介文の続きに書いてるコメントの返信もよろしくね
2006/05/18 11:31 PM by ボス
まりかさま
こんばんわ!

うわぁ・・・リアル。
やっぱ、男と女の駆け引きはこうじゃなくちゃ。(で、ワタクシはずるいので、自分の思うとおりに女の子をいじくりわして、抵抗できないほど指でイカせて屈服させちゃうのが好きです。)
やっぱり、まりかさまは抵抗しているふりをしつつしっかりと本気で追い込まれて余裕もなくなっちゃったりして、大マジで彼に屈服させられて喜んじゃっているのね・・あぁ、えっちでどMなまりかさま本領発揮だ〜うらやましいなぁ。
それでいて中出し直前にあわてて、顔射をお願いしちゃってたっぷいりと飲まされちゃうところにナマで入れられた時の迷いと焦燥感みたいのが感じられて・・・これまたどうしようもなく思いっきりオトコに屈服させられたまりかさまのヤラれぶりが最高にどMオンナ全開で良いです。

あ、でもいくらピルを飲んでるとはいえ、ナマで中出し連発でやられちゃうと、今後のまりかさまのどMセックス漬けに少なからず影響が出ると思うのでほどほどにね。でも、無責任で申し訳ないんですけど、オトコからすると中出しのあの感覚、やめられない・・・すいません。
2006/05/19 3:20 AM by tkmac

>ふみゃさんへ
連続でコメント、ありがとうです。
こういうblogを書いてるとね。
男性とエッチする時に、「後で書くんだからちゃんと覚えておかなくちゃ」とか「今日はノーマルだなあ。読む人がつまんないだろうから少し挑発しちゃおう」とか考えるようになっちゃうんです。
エッチすればするほど、ますます本当の恋愛からは遠ざかっていくようです。

>ちゃきじさんへ
ご主人に抱きつきましたか?(笑)
結婚すると回数が減るって言うから、女性の方が積極的にならないとね。
女の人生は途中で大きく別れてしまうけど、どちらの道を選ぶかと言うことと、幸せになれるかどうかは実はあまり関係がないんじゃないかと最近思い始めています。
ダンナを起たせるちゃきじさん。お幸せに。

>junさんへ
別ページへのコメントも読ませてもらいました。
ありがとうございます。
昼間っからまりかのお部屋に入り浸りとは,良い心がけです(笑)
女性目線丸出しで遠慮無く書いたので、男性に硬くなって頂けるような内容では無かったかもしれませんが、喜んでくれたのなら嬉しいです。
Mは相手を間違えると身体を壊されますから、自然と男性を見る目が養われるかもしれませんよ。
紹介文も届いています。ジックリ検討中です。

>ぴろさんへ
レイプ願望はあるけどレイプは大嫌い。
おそらく、ほとんどの女性はそうなんじゃないかな。
それは、本物のレイプと妄想の中のレイプが全く違うものだからです。
だから、付き合ってる男性とのレイプっぽいプレイに凄く燃えます。
絶対に怪我も妊娠もせず、後々まで付きまとわれることがないと保証されている集団レイプ。そんなものがあれば是非、経験してみたいですけどね(笑)
あり得ませんよね。

>ボスさんへ
3兄弟? さすがに兄弟して関係を持ったことはありませんよ。
これ以上ドMにされたら普通の社会生活が出来なくなります(笑)
文字が小さい方が読みやすいですか?
逆に解像度の高いモニタで見てる人はどう思っているのかも知りたいですね。

>tkmacさんへ
これはね。一番キツイんですよ。
指だけでイかされちゃうのって。
喜んでゴムを付ける男性って見たこと無いですからね。
頼みづらいし、頼んでも付けない人は付けませんからね。難しいです。
言い方を間違えると、男の人がシラケちゃうでしょ。
イイ頼み方があったら教えてね。

2006/05/20 2:16 AM by まりか
マリカ こんばんわ
3兄弟は会社のW・M・Sのことだよ。
解像度が低いから、小さい文字は読みづらいけど、すっきりかな
2006/05/20 11:24 PM by
まりかさんお初です。
貴女の話を聞いていると
かつての職場の後輩のOLを思い出します。
その彼女とはちょっと進展はあって
結局最後まではなかったけど
合コン即エッチ
ゴムは相手次第
生でいつもビクビクしてしまうがやめられない
相性はカラダから先に確かめる
この人いいなって思ったら自分が止められない
そんな話を飲みながら聞き役に回ってました
彼女は僕に対しては最後までは許さなかった
そんな彼女もつい最近一児の母に
寿退社・披露宴直前に会ってカラオケに行ったのが
最後に会った記憶
彼女は堅い仕事と呼ばれる職場
それとのギャップが楽しかった

まりかさんとは直接会うことはないだろうけど
聞き役で話ができれば楽しいね
2006/05/29 4:45 AM by SG
オレは我慢できなくなって抜こうとしたんです。
だけれど、抱きつかれ足を絡まれて・・・
出しました!
男にも我慢の限界があります。
最後の瞬間に抱きつくのは女性の販促ですね^^;
2006/06/05 1:57 AM by 出しました

コメントする









この記事のトラックバックURL

http://olmarica.jugem.jp/trackback/51

トラックバック

完全無料のライブチャット登場!!
完全無料のライブチャット登場!!絶大なる人気を誇るRukkoちゃんが遂に!!チャット中の映像を後悔しても良いと許可が下りました★チャットシーンからドキドキするようなやりとりを大公開致します!!!
(Dえんじぇる 2006/05/18 6:49 AM)
これはセックスで女性を幸せにするメンタルなテクニックです。
私達が普通に生きていては 絶対に知ることができない セックスで女の体をイカせるカラダに育てあげる 究極のセックスノウハウが存在します 石井哲平は以前、早漏のテクなし男でした 書くのも恥ずかしい話なのですが、正直に申しまして、全くと
(早漏のテクなし男でもセックスで女が懇願するほどバンバンいかせて気絶までさせるメンタル・テクニック 2006/05/24 7:05 PM)

▲top